メディカルアロマテラピー実践講座
メディカルアロマテラピーの使い方【3】

1.掃除に使う
バケツ等に乳化剤を使い使用する。主に香や抗菌作用を使う。
作り方の例
容器にバスオイル 20ミリ入れる
精油を入れる

濯ぎ用のバケツに適量(約1ミリ)入れる。
すぐに乳化するが水に使用するので揮発時間は30分から1時間ある。
抗菌力は失われない。
作ってから六ヶ月使用可能

2.冷やすのに使う
洗面器に乳化剤を使い使用する。
冷却作用の有る精油を使い、タオルを濯ぐことで温まりにくいタオルを作る。
作り方の例
容器にバスオイル 20ミリを入れる
精油を入れる

タオルを濯ぐ洗面器の水に適量(約1ミリ)入れる。
すぐに乳化するが水に使用するので揮発時間は30分から1時間ある。
抗菌力は失われない
作ってから6ヶ月間使用可能。

3.加湿器に使う
顔から距離があるので、抗真菌や抗菌で使う
作り方の例
容器にバスオイル 20ミリを入れる
精油を入れる

加湿器の水に適量(約20滴)入れる。抗菌力は失われない。
作ってから6ヶ月間使用可能。

4.車で使う
スプレーで酔い止めやにおい消しに使う
作り方の例
容器にバスオイル 0.5ミリを入れる
精油を入れる
水を30ミリ入れる
良く混ぜる

車のエアコンの吹き出し口に良く振ってスプレーする。
この時、ファンをオフにしないこと。また、運転中にスプレーをしてはいけません。
作ってから2週間使用可能。

5.エアコンに使う
スプレーで除菌やリラックス・リフレッシュで使う
作り方の例
容器にバスオイル 0.5ミリを入れる
精油を入れる
水を30ミリ入れる
良く混ぜる

エアコンの吹き出し口に良く振ってスプレーする。
この時、エアコンンをオフにしないこと。
作ってから2週間使用可能。

6.マッサージオイルに使う
精油がバリアゾーン以下には浸透しないので、香でリラックス・リフレッシュで使う
リフレクソロジーの場合は抗菌や抗真菌の精油を使う
作り方の例
容器にキャリアオイル 10ミリを入れる
精油を入れる
水を30ミリ入れる
良く混ぜる

キャリアオイルには、マカデミアオイルがお奨め。
使用するごとに作るようにする。作り置きすると、酸化臭がわからないことがある。
作ってから2週間使用可能。
前のページに戻る
このページの先頭へ

 
助け合い・学び・社会貢献する
愛と癒しのコミュニティサイト

  日本メディカルアロマテラピー動物臨床獣医部会
精油・グッズの販売 株式会社ウェル
精油・グッズの販売 株式会社ウェル

トップ・ページ 新着情報 イベント情報 日本メディカルアロマテラピー協会について 提携先リンク お問い合わせ 著作権について サイト・マップ

日本メディカルアロマテラピー協会 トップページ 新着情報 イベント情報 JMAAとは 提携先リンク お問い合わせ 著作権について JMAAとは